面白おかしく、まじめにジオラマや模型を作り続けております


by eno-z

プロフィールを見る

お問い合わせ

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
● 模型作りのヒント
 → ヒントっぽい記事
● ホの字くんが行く!
 → ジオラマ勉強中
 → デモラマ(ホ)も作る
● ジオラマ一覧
 → デモラマも作る
 → 鎌倉高校前駅を作る
 → 極楽寺駅を作る(完)
 → デモ電を作る(完)
 → パイクを作る1(完)
 → その他ジオラマ
 → 放置中のジオラマ
● ミリタリー一覧
 → クロムウェルを作る
 → 航空母艦赤城を作る
 → ミリタリー制作記
● 1/144 AFVコレクション
 → AFV詳細
● その他模型一覧
 → 箱根登山モハ1
 → 電車・コンテナ
 → ウォーハンマー
 → その他模型制作記
● お知らせ
● その他

最新の記事

道路のジオラマを作る(1)
at 2017-08-17 19:44
日本人のモラルは何処へ。。。
at 2017-08-13 04:02
何も作らなくても日々精進です..
at 2017-08-03 20:50
うちのサーファー達がテレビ出..
at 2017-08-02 21:37
静岡ホビーショーに行って来た
at 2017-05-13 22:37

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新のコメント

oomoriさん、お久し..
by eno-z at 22:18
ジオラマ完成おめでとうご..
by oomori at 12:36
りんごマンさん、こんばん..
by eno-z at 01:15
わざわざ返信ありがと..
by りんごマン at 21:36
りんごマンさん、はじめま..
by eno-z at 03:00
はじめまして。 い..
by りんごマン at 20:09
oomoriさん、こんに..
by eno-z at 16:06
りっくんランドは、何度か..
by oomori at 12:46

ゆかいな仲間たち

検索

タグ

(483)
(447)
(237)
(181)
(60)
(48)
(33)
(23)
(23)
(22)
(18)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(13)
(11)
(11)
(11)

ブログジャンル

鉄道・飛行機
コレクション

ファン

記事ランキング

その他のジャンル

ランキングに参加中です!
← 1日1ポチッにご協力お願いします。m(_ _)m

住宅が並ぶジオラマを作る(6)

c0222964_20095866.jpg来週も結構予定が詰まっていて模型製作の方が。。。

と思っていたわけですが、週が明けて、いきなり出荷作業に追われ予定変更。予定変更のおかげで(?)、ジオラマ製作が順調に進んでしまいました。(笑)

先週末、屋根の基礎部分を製作しましたので、本日は屋根のデコレーション(?)

デコレーションって。。。ディテールアップが正解ですかね。(^^;

屋根の形状によって、ディテールアップの内容はかなり変わりますので参考までに。





c0222964_20100099.jpg
まずは屋根の妻面に角材を貼って2段に見えるようにします。

屋根の角度は、4/10 や 5/10 くらいが一般的で、これは、10進むと4、もしくは5上がるという、大工さんなどが使う角度の表し方なんだそうです。

今回の屋根は、4/10で作りましたので。。。

100mmの間で40mm上がるように定規をセットしました。



c0222964_20100317.jpg
セットした定規に角材を当てて、カッティングマットの垂直線を目安に切断します。長さは少し長めにしてあります。



c0222964_20100642.jpg
切断した一方を反対向けにして接着すれば、屋根の角度と同じ形状が出来上がります。切断面が斜めになってしまうと合わなくなるので、厚い材料を使う場合は注意が必要です。



c0222964_20111188.jpg
そして、屋根の妻面下側に貼り付けます。

写真のように、外壁と屋根を組んでおき、外壁にピッタリ当たるようにして貼り付けると、外壁の補強、補正にもなります。



c0222964_20111362.jpg
同じ要領で、各妻面に角材を貼り付けました。

角材は、高さは全て同じ、奥行きは外壁と屋根の端までの距離より少し薄い物を選んでいます。



c0222964_20111695.jpg
接着剤が乾燥したら、外壁に合わせて余分な部分を切断します。



c0222964_20111935.jpg
「切断した妻面の角材」 に側面用の角材を貼り付けて完成です。

側面の角材を、「屋根」 に貼り付けると斜めに立ってしまいますので、「妻面の角材」 に貼り付けるように接着し、屋根とは補強程度に接着しています。


今回はこの方法にしましたが、場合によっては屋根に角材を貼り付けることもあります。角材が屋根と平行になり、少し見た目の印象が変わりますので、建物のイメージに合わせて取り付け方を選んでいます。



c0222964_20095866.jpg
外壁に被せて見上げるとこんな感じになります。

屋根で内側と外側の両方から外壁形状の補強、補正も出来ますので、かなり安定します。



c0222964_20114811.jpg
最後に雨樋と棟瓦を取り付けて屋根の完成です。

雨樋は、1mmの半円形状のプラ棒を使っています。ややオーバースケールになりますが、1.5mmの材料を使うこともあります。1.5mmの方が雨樋の存在感が増して、遠目に見た際には良い気もします。建物をアップで撮影するとぶっとく見えますが。。。この辺りはお好みで。(^^;



c0222964_20115606.jpg
屋根材同士の合わせ目に少し隙間が出来てしまいましたので、裏側に黒い瞬間接着剤を流し込んで隙間を埋めておきました。

棟瓦が付いていますので、外から隙間は見えませんが、照明を設置すると光が漏れてしまう場合もありますので、遮光の意味も含め、特に隙間がなくても念のために埋めておいた方が良いかと思います。



c0222964_20115159.jpg
こちらは、1軒目に使う庇(ひさし)ですが、屋根ついでに少々。

適当に切り出した瓦の裏に1mm厚のプラ板を貼り付けました。

写真ではプラ板がはみ出していますが、接着後、瓦と同じサイズに整えます。



c0222964_20115391.jpg
貼り付けたプラ板を斜めに削れば、庇の出来上がりです。

写真では分かりづらいのですが、壁との接着面は、垂直になるように削ってあります。

僅かにプラ板の方が内側に入るように削っておくとより実感的になります。少し手間がかかりますが、瓦だけを貼り付けるより見栄えが良くなりますので、ほとんどの庇はこの方法で作っています。



c0222964_20115892.jpg
外壁にも少々ディテールアップを。

と言っても、1階と2階の境目に薄いプラ材を貼り付けただけですが。(^^;

簡単な工作ですが、同じような建物が並ぶような場合、ちょっとしたアクセントになります。


と言うことで、本日はここまで。


次回は塗装ですかね。気が向けばもう少しディテールを加えるかも。。。


ではまた。


ランキングに参加中です!
← 1日1ポチッにご協力お願いします。m(_ _)m

by eno-z | 2017-02-06 23:48 |  → デモラマも作る | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://enoji.exblog.jp/tb/26384066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。